FANDOM


メイン記事 ポスター フォト 動画

パシフィック・リム』(Pacific Rim)は2013年に公開されたアメリカのSF映画。監督はギレルモ・デル・トロ、脚本はトラビス・ビーチャムレジェンダリー・ピクチャーズによって制作された本作は2025年の未来の地球を舞台にしており、太平洋に生じた裂け目から出現するモンスター、“怪獣”によって絶滅の危機に立たされた人類の抵抗を描く。本作では、人類が怪獣に立ち向かうために作り出した“イェーガー”と呼ばれるヒューマノイド型の巨大ロボットが重要な役割を果たす。イェーガーは少なくとも2名のパイロットが乗り込んで意識を同調させることによって初めて機動する。主人公であるローリー・ベケットは兄の死をきっかけにパイロットを引退したが、スタッカー・ペントコスト司令官によって怪獣との戦いへ引き戻され、ルーキーの森マコと組んで再びイェーガーに搭乗することになる。

ギレルモ・デル・トロは日本のロボットアニメや特撮映画のファンであり、『パシフィック・リム』の劇中でも日本の伝統的な怪獣映画へのオマージュで、モンスターが「Kaiju」と呼ばれている。『パシフィック・リム』は北米で2013年7月12日に公開され、日本では2013年8月9日に公開された。また、スティーヴン・S・デナイト監督とデル・トロのプロデュースによって続編の『パシフィック・リム:アップライジング』が制作され、2018年に公開を予定している。

あらすじ編集

Editicon このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

キャスト編集

俳優 キャラクター 日本語吹替
チャーリー・ハナムローリー・ベケット杉田智和
ディエゴ・クラテンホフヤンシー・ベケット土田大
イドリス・エルバスタッカー・ペントコスト玄田哲章
菊地凛子森マコ林原めぐみ
チャーリー・デイニュートン・ガイズラー古谷徹
バーン・ゴーマンハーマン・ゴットリーブ三ツ矢雄二
マックス・マーティーニハーク・ハンセン池田秀一
ロバート・カジンスキーチャック・ハンセン浪川大輔
クリフトン・コリンズ・Jrテンドー・チョイ千葉繁
ロン・パールマンハンニバル・チャウケンドーコバヤシ
芦田愛菜幼少期の森マコ -
エレン・マクレインイェーガーA.I.
マーク、チャールズ、ランス・ルーチャン、フー、ジン・ウェイ・タン三宅貴大
ロバート・マイエアレクシス・カイダノフスキー木村雅史
ヘザー・ドークセンサーシャ・カイダノフスキー愛河里花子

登場イェーガー、怪獣編集

本作にはカメオ登場も合わせ、計13体の怪獣と8体のイェーガーが登場している。

イェーガー編集

怪獣編集

制作編集

企画段階編集

2006年2月、ギレルモ・デル・トロトラビス・ビーチャムのファンタジー作品『Killing on Carnival Row』の脚本を映画化すると報じられたが、この企画が実現することはなかった。[1] その翌年、ビーチャムは『パシフィック・リム』のアイデアを考案した。2007年夏、ビーチャムはサンタモニカ埠頭の近くのビーチをいつものように散歩していたとき、デスマッチを繰り広げる巨大ロボットと巨大モンスターのイメージを思いついたという。ビーチャムは当時を振り返り「まさに霧の中から現れたんだ。巨大な、神々しい姿がね」と語り、それから数年がかりで熟慮を重ねた末、2名のパイロットがロボットに乗り込むアイデアを思いついた。彼は「そのうち1人が死んだら何が起こるだろう?」と考え、「何かを失った者がどんなふうに立ち直っていくか、生き残った者は罪悪感とどう向き合うのか、そんなストーリーが出来上がった」という。[2] 2010年5月28日、レジェンダリー・ピクチャーズが『パシフィック・リム』と題されたビーチャムによる25ページの映画原案を購入したと報じられた。[3]

2010年7月28日、デル・トロの次の監督作は、H・P・ラヴクラフト原作、ジェームズ・キャメロンのプロデュースによるユニバーサル・スタジオ作品『狂気の山脈にて』になると報じられた。[4] デル・トロはレジェンダリー・ピクチャーズとの提携について議論するため彼らと話し合いの場を持った時、この時点ではまだ“ちょっぴり”ではあるが、ビーチャムが執筆した原案に興味を抱いたという。[5] デル・トロはレジェンダリーと合意に達したが、制作スケジュールが立て込んでいたため、『狂気の山脈にて』がキャンセルされた場合にのみ『パシフィック・リム』を監督することに決め、とりあえずは『パシフィック・リム』のプロデューサーと共同脚本を担当することになった。[6] 『狂気の山脈にて』はトム・クルーズの主演が予定されていた。[7]

Coloso

ギレルモ・デル・トロがインスピレーションを得たゴヤの『巨人』。彼はこの絵を見たときに感じたのと同じ「畏敬の念」を映画の戦闘シーンで再現したいと考えたという[5]

2011年3月7日、デル・トロが1億5000万ドルの予算やR指定に妥協しなかったため、ユニバーサルが『狂気の山脈にて』の制作を中断したと報じられた。[8][9] 当時を振り返りデル・トロは「あの時、こんなことが自分の身に降り掛かったことは無かったから、その週末は本当に大泣きした」、「弱虫みたいに思われたくないけど、本当に打ちのめされたんだ。あの映画のために泣いたよ」と語っている。[10] 金曜日に『狂気の山脈にて』の企画が流れた後、デル・トロはその次の月曜日に『パシフィック・リム』の監督契約を結んだ。[7]

デル・トロは1年がかりでビーチャムとともに脚本の制作に取り組み、自身も共同脚本家としてクレジットされている。彼は怪獣の誕生や、子どもの視点から見た怪獣の襲撃など、かねてから本ジャンルで見たいと願っていたアイデアを提供した。[11] またクレジットはされていないが、ホラー映画『MAMA』でデル・トロと一緒に仕事をしたことがあるニール・クロスも、『パシフィック・リム』の脚本の見直し作業に力を貸した。[12] パトリック・メルトンマーカス・ダンスタンも『Monstropolis』という題の個人制作脚本を作っていた時に『パシフィック・リム』制作陣の注意を引き、見直し作業に協力を求められた(クレジットはされていない)。[13] ドリュー・ピアースもまた、クレジットはされていないが『パシフィック・リム』の脚本制作に携わっている。[14]

主要撮影編集

トリビア編集

ギャラリー編集

パシフィック・リム(映画)/ポスター
パシフィック・リム(映画)/フォト
パシフィック・リム(映画)/動画

出典編集

外部リンク編集