FANDOM


スタッカー・ペントコスト(Stacker Pentecost)はイギリス空軍パイロット、イェーガー・パイロット、環太平洋防衛軍司令官である。オバデールとヴィヴィアンの息子で、ルーナ・ペントコストの兄。ジェイクという息子がおり、怪獣戦争で孤児になった森マコを養女にとった。スタッカーは初期のレンジャーとしてコヨーテ・タンゴに乗り込んだが、放射能で体を冒され、司令官としてPPDCを指揮することになった。2025年、ブリーチにおける戦闘で戦死。

経歴編集

生い立ち編集

スタッカー・ペントコストは1985年12月30日にイギリスのトッテナムにて、オバデール(Obadel)とヴィヴィアン(Viviane)のあいだに生まれた。彼の父親は労働者で、母親はクラブ・パフォーマーだった。一家は犯罪組織に間接的に関与していた。1995年、スタッカーの父はナイトクラブのオーナーとのけんかで傷を負って死亡した。当時10歳だったスタッカーはクラブに火を放ち、父親を殺した男を襲った。その後、士官学校へ送られたスタッカーは、上官たちから軍人としての適正を見出され、イギリス空軍に入隊することになった。彼はルーカース基地でパイロットの訓練を受け、航空電子工学およびネットワーク/サイバー関連の防衛及び戦闘について学んだ。[2]

パシフィック・リム:イヤーゼロ編集

Editicon このセクションは不完全です。ぜひ記事の編集に参加してください。
編集のガイドライン

トリビア編集

  • ギレルモ・デル・トロは日本の漫画『AKIRA』に登場する敷島大佐をペントコストのモデルにしている。[6]
  • デル・トロはトム・クルーズにスタッカー・ペントコスト役をオファーしたが、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』を始めとする他作品との“スケジュール”の都合で断られた。最終的にデル・トロはイドリス・エルバをキャストに選んだ。[7]
  • イドリス・エルバはスタッカー・ペントコストを演じるに当たり、政治家の映像やリドリー・スコット監督の『グラディエーター』、メル・ギブソン監督の『ブレイブハート』などを鑑賞したという。[8]
  • メイクアップ部門の長であるジョーダン・サミュエル(Jordan Samuel)によると、スタッカーの左半身のやけどは、彼のパイロット時代のパートナーであるタムシンがコヨーテ・タンゴの右脳側担当であることを示唆しているという。
  • RedditのAMA(質問コーナー)にて、ファンから続編での再登場について問われたエルバは、“キャラクターが第1作で死んだ”ため何とも言えないと答えた。[9][10]
  • パシフィック・リム ビジュアルガイド』ではスタッカーの「最近親者」としてデューク・ペントコスト(Duke Pentecost)の名が挙げられているが、詳細は不明。

ギャラリー編集

出典編集

パシフィック・リムイヤーゼロドリフトの登場人物
レンジャー生存者 ローリー・ベケット - 森マコ - ハークスコット・ハンセン - ケイトリン・ライトキャップ - セルジオ・ドノフリオ - カギソ - イツ
レンジャー戦死者 スタッカー・ペントコスト - タムシン・セビア - ヤンシー・ベケット - チャック・ハンセン - サーシャアレクシス・カイダノフスキー - ウェイ・タン3兄弟 - ツナリ兄弟 - ゲイジ兄弟 - カオリ - デュック・ジェソップ - イリサピー・フリント - ジーク・アマロク - パン・ソー=イ - アン・ユナ - ケネディ・ラルー - ステファニー・ランファー - ズィチィ・ポー - ロー・ヒン・シェン
PPDC司令部 ダスティン・クレイガー - スタッカー・ペントコスト - ハーク・ハンセン - ヒカイ
K科学研究所 ハーマン・ゴットリーブ - ニュート・ガイズラー
PPDC将校 ジャスパー・ショーンフェルド - ケイトリン・ライトキャップ - ラーズ・ゴットリーブ - テンドー・チョイ - 森マコ - アリソン・チョイ - ミホコ - チャウダー
民間人 未編集
軍人 アダム・ケイシー - ルーナ・ペントコスト - タムシン・セビア - スタッカー・ペントコスト - ハーク・ハンセン
その他 L・コール - L・テイラー - ハンニバル・チャウ
[テンプレート]