FANDOM


Oblivion Bay

オブリビオン・ベイと思われる場所

オブリビオン・ベイ、“忘却湾”(Oblivion Bay)はカリフォルニア州オークランドに設けられたイェーガーの墓場である。

歴史編集

アメリカ軍が最初の怪獣トレスパッサーを撃退した際、戦場は核ミサイルによって居住に適さない不毛地帯になった。のちに、環太平洋防衛軍はトレスパッサーを倒した場所をイェーガーの墓場として利用し始めた。怪獣との戦いで破壊もしくは損傷を負ったイェーガーはオブリビオン・ベイへ送られ、最終的にチェルノ・アルファジプシー・デンジャーを除く第1および第3世代イェーガーのほとんどがこのベイに収容された。

2020年、ジプシー・デンジャーはカテゴリー3の怪獣ナイフヘッドとの戦いで深刻な損傷を負い、パイロットヤンシー・ベケットが死亡、ローリー・ベケットが戦線を離れる結果になった。ジプシー・デンジャーは一度オブリビオン・ベイへ送られたが、スタッカー・ペントコスト森マコの介入によって回収され、修理のためアンカレッジへ戻されることになった。

ジプシー・デンジャーはオブリビオン・ベイに送られたにも関わらず、再びそこから運び出された唯一のイェーガーだった。[1]

収容されたイェーガー編集

出典編集

地名
環太平洋防衛軍 シャッタードーム - クーン道場 - K科学研究所 - ドライブスーツ・ルーム - ロクセント - イェーガー・アカデミー - PPDC性能試験場 - 対怪獣防護壁 - オブリビオン・ベイ - 対怪獣避難所 - 環太平洋記念墓地
怪獣関連 アンティバース - ブリーチ
都市 サンフランシスコ (2013) - サクラメント (2013) - オークランド (2013) - マニラ (2014) - カボ・サン・ルーカス (2014) - シドニー (2014-2015) - バンクーバー (2015) - 東京 (2016) - 香港 (2016-2015) - サンディエゴ (2019) - アンカレッジ (2020) - シアトル - ロサンゼルス (2017-2024) - シトカ - ノーム - シェルドン・ポイント - アカプルコ (2024) - オークランド - バンコク (2021) - ブリスベン (2024) - メルボルン (2022) - ミンダナオ (2022) - ポート・モレスビー (2024) - 札幌 (2024) - ソウル (2020) - 台北 (2024) - ビッグサー
地域/施設 東京湾 (2016) - 東京医療センター - ボーン・スラム (2025) - フォン&タル (2016) - 香港港 (2025) - ビクトリア・ハーバー (2025) - ハワイ - 渤海 (2024) - オホーツク海 (2018) - Safe Zone - Exclusion Zone
[テンプレート]