FANDOM


メイン記事 ギャラリー

アイタク(Itak)は2016年に東京を襲撃した怪獣である。

特徴編集

アイタクは6本の腕を持つ怪獣で、そのうち4本は先端に刃がついており、3対の目を持つ。胴体は胸部が大きい逆三角形。顔面部と口の中、および胸部に青く発光する箇所がある。皮膚の色は黒。頭部に反り返った1本の刃のようなツノが生えている。

歴史編集

アイタクは2016年6月21日にブリーチから姿を現した。その後、日本の東京湾を襲撃し、東京のシャッタードームから駆けつけたカオリデュック・ジェソップが操縦するイェーガータシット・ローニンと交戦。アイタクはタシット・ローニンが東京湾に着陸してすぐこの機体の反応炉を攻撃し、パイロットが乗るコン・ポッドの放射能除去機能に損傷を与えた。[1]

しばらくアイタクの猛襲に持ちこたえた後、カオリ、デュック両名は意識不明に陥った。しかしアイタクが次の攻撃を繰り出すまでのあいだに目を覚まし、反撃に転じた。タシット・ローニンは怪獣の胸部を切り裂くことに成功するも、右腕を掴まれ、前部装甲にさらなるダメージを受ける。アイタクはそのまま爪でイェーガーに深刻な被害を加えた。[1]

パイロットたちの意識が朦朧とする中、アイタクはタシット・ローニンを東京湾の海中に沈めようとした。タシット・ローニンは再び怪獣の胴体に刃を突き刺し、胸を切り開いた。アイタクは自力で刃を胸から引き抜き、とどめを刺そうとしたが、駆けつけたコヨーテ・タンゴがタシット・ローニンのピンチを救った。しかしコヨーテは破壊こそ免れたものの、アイタクに圧倒され、怪獣の頭上に持ち上げられてしまう。結局、カオリとデュックが再び目を覚ましてタシット・ローニンを操縦し、コヨーテを持ち上げたため手が塞がっているアイタクに切りかかり、胴体を真っ二つに切断して討伐に成功した。[1]

設定の矛盾点編集

トリビア編集

  • アイタクはマルコス・マーズによってデザインされた。[2]
  • アイタクによる東京襲撃は、オニババによる東京襲撃(2016年5月15日)の約4週間後に発生した。
  • Comic-Con 2015限定カバーで描かれたアイタクの肌は、黒ではなく緑がかった灰色。ちなみに、この限定カバーは『パシフィック・リム:ドリフト』の翻訳単行本の表紙になっている。
  • 『ドリフト』に登場するサンダーヘッドと同じく、アイタクもカテゴリーが明かされていない。
  • Itak」はタガログ語でボロ・ナイフ(フィリピンのナイフ)を意味する。

ギャラリー編集

Pan Pacific Defense Corps Logo アイタク/ギャラリーをご覧ください。


出典編集

怪獣
カテゴリー2 オニババ - ラグナロク
カテゴリー3 ナイフヘッド - ヤマアラシ
カテゴリー4 ムータヴォー - オオタチ - レザーバック - ライジュウ - スカナー
カテゴリー5 スラターン
カテゴリー不明 ※未編集
関連記事 怪獣の一覧
[テンプレート]